新築一戸建て購入に役立つ相模原市の不動産会社と住環境ガイド  » 住宅購入の前に知っておきたい基礎知識 » 物件選びのポイント

物件選びのポイント

このページでは、エリアや資産価値など一戸建てを購入する際の注意点として不動産の選び方を紹介します。

必須3項目はコレ!一戸建て購入時の不動産の選び方

一戸建ての物件選びでポイントとなるのは主に以下の3点です。

条件に合うエリアを絞り込む

一戸建て購入時の不動産の選び方のイメージ一戸建てを購入する場合、家族で中長期的に暮らすことになるのが一般的。基本的には住宅街になると思いますが、それでも新興住宅街か古くからある住宅街か、大都市部か郊外なのか、条件の優先度によって候補となる地区は変わってきます。

エリアを絞り込む際は、大きなエリア選びと並行して、そのエリア内でもどの地区にするのかを検討しておく必要があります。

最寄り駅からの距離は同じでも、地区によって地価にかなり差があるケースもあるからです。

物件の周辺環境は細かくチェックする

学校、病院、商業施設、駅などへの距離はもとより、時間帯による人の流れや交通状況の変化など、候補地については朝昼晩にわたって、足を運んで現地確認することをおすすめします。

静かな住宅街に見えても、朝の抜け道になっていたりで、思いのほか交通量が多いなんて事はよくあること。可能であれば近所付き合いの状況などもヒアリングしたいところです。

資産価値は将来を見込んで想定する

一戸建ての購入は土地と建物が資産となります。土地の資産価値も必ずしも右肩上がりではない時代なので、郊外の場合は中長期的視点で試算価値を検討する必要があります。路線価取引相場などは現在だけでなく、過去の推移などもチェックしておくといいでしょう。

建物は経年劣化が避けられないので、長く住むことを前提とするなら、担保価値を期待するのは現実的ではありません。耐震性能やエコ設備など長期優良住宅などは優位性があるものの、住み替え時は基本的に土地の価値が重視されると考えてください。

ネットと現地訪問をセットで行う一戸建て不動産の選び方

当サイトを見ている方なら、ネットで一戸建ての物件情報をチェックすることもすでに始めていることでしょう。

相場や最新情報、希望エリアの不動産会社などはネットで物件情報を調べていれば、ある程度把握できるようになります。その上で、実際に候補地に足を運んで、物件及び周辺環境などをチェックしてください。ネットで見てみたい物件にあたりを付けて現地に行けば、無駄足になることはありません。

一方、現地に行ってみれば地元の不動産会社や売出し物件との出会いもあります。情報収集はどちらかに偏ることなく、効率的に使い分けるのがポイントです。

相模原市の新築一戸建てを実際に見てきました

アーネストワン

アーネストワンの
建売を見学してみた

シンプルであまり好みの左右されないアーネストワンの建売住宅。4DKで3,000万円を切る価格設定が魅力で、設備なども必要十分な仕様になっています。新築一戸建てを見て回る際、スタンダードな家として一度はチェックしておきたい物件です。
アーネストワンはマンション開発で豊富な実績があり、そのノウハウを建売住宅にも活かして、年間千棟以上の住宅を供給しているパワービルダー。日本の標準的なファミリー層に求められる家づくりに定評があります。

日本物産

日本物産の
建売を見学してみた

日本物産の建売住宅シリーズ【オレゴン物語】は北米風デザイン住宅。デザイン、設備、性能などディテールも含めてワンランク上の建売住宅といえる物件です。輸入住宅や注文住宅を購入できるほどの予算はなくても、標準的な建売だと満足できない人にはぜひともおすすめしたいポイントが多々あります。
日本物産は相模原の地元密着型不動産会社で、40年近い歴史と自社施工物件の豊富な販売実績を持ち、アフターサポートも含めて長期間安心してお付き合いできます。

※このサイトは、個人で調査した内容をもとに構成しております。正確な情報を記載することを心がけておりますが、万が一誤りがあった場合は、ご了承ください。 また、各不動産会社の最新情報は、公式サイトでご確認ください

新築一戸建て見学体験談【相模原市編】
一戸建てに強い相模原の不動産会社リスト
相模原の住みやすさを徹底リサーチ
駅から探す相模原エリアの新築分譲住宅カタログ
住宅購入の前に知っておきたい基礎知識

サイトマップ

ページの最初へ