新築一戸建て購入に役立つ相模原市の不動産会社と住環境ガイド  » 住宅購入の前に知っておきたい基礎知識 » 住宅購入の流れ

住宅購入の流れ

このページでは、購入検討から入居するまで、住宅購入時の一般的な流れを紹介します。

住宅購入の一般的な流れを紹介します

住宅購入時、住宅ローンを利用する場合の流れは主に以下の11項目となります。

住宅購入の流れのイメージ1.物件及び住環境などのリサーチ
物件情報サイトを中心に、販売されている物件情報や候補地周辺の状況などをリサーチします。条件設定をして検索すれば、物件による価格の違いや相場などもわかってくると思います。

2.不動産会社への問い合わせと物件見学
気になる物件があればできるだけ見学してみること。不動産会社の対応もわかりますし、物件自体の違いも実感できると思います。

3.候補物件の絞り込み
物件を何件か見学すれば、比較検討する中で候補は2~3件に絞れると思います。その際、家族にとっての優先事項を整理しておくといいでしょう。

4.物件購入の申し込み
住宅購入意思を明確にする意味での申し込みを行います。交渉などはここからでも可能で、10万円程度の証拠金などが必要となる場合があります。

5.住宅ローンの事前審査
購入物件が具体的になったところで住宅ローンの事前審査を受けます。ローン審査に通るのか、いくら借入できるのかによって資金計画が決まってきます。

6.重要事項説明書と契約書の確認
契約締結するにあたって、不動産会社からは契約日の前に重要事項説明書と契約書が提示されます。内容は細部まできちんとチェックしてください。

7.契約書の締結
内容に納得できたら契約を締結します。契約締結後にキャンセルすると手付金は戻らず、違約金が発生するケースもあるので注意してください。

8.住宅ローンの契約
住宅購入の契約をした上で、事前審査に問題がなければ住宅ローンの本審査・ローン契約となります。

9.完成前の物件内覧
新築物件で建物が未完成の場合、引渡前のタイミングで事前内覧会を実施します。仕上がり状態が契約書と合っているかをチェックして、問題があれば引渡までに問題解決してもらうことになります。

10.住宅ローンの残金決済
購入金額のうち、手付金以外の残金を住宅ローンの金融機関から不動産会社支払ってもらいます。不動産会社はそれを持って支払完了とするわけです。

11.物件の引渡と入居
家の鍵の受取や所有権保存登記などの手続きを経て、新居での生活がスタートとなります。

相模原市の新築一戸建てを実際に見てきました

アーネストワン

アーネストワンの
建売を見学してみた

シンプルであまり好みの左右されないアーネストワンの建売住宅。4DKで3,000万円を切る価格設定が魅力で、設備なども必要十分な仕様になっています。新築一戸建てを見て回る際、スタンダードな家として一度はチェックしておきたい物件です。
アーネストワンはマンション開発で豊富な実績があり、そのノウハウを建売住宅にも活かして、年間千棟以上の住宅を供給しているパワービルダー。日本の標準的なファミリー層に求められる家づくりに定評があります。

日本物産

日本物産の
建売を見学してみた

日本物産の建売住宅シリーズ【オレゴン物語】は北米風デザイン住宅。デザイン、設備、性能などディテールも含めてワンランク上の建売住宅といえる物件です。輸入住宅や注文住宅を購入できるほどの予算はなくても、標準的な建売だと満足できない人にはぜひともおすすめしたいポイントが多々あります。
日本物産は相模原の地元密着型不動産会社で、40年近い歴史と自社施工物件の豊富な販売実績を持ち、アフターサポートも含めて長期間安心してお付き合いできます。

※このサイトは、個人で調査した内容をもとに構成しております。正確な情報を記載することを心がけておりますが、万が一誤りがあった場合は、ご了承ください。 また、各不動産会社の最新情報は、公式サイトでご確認ください

新築一戸建て見学体験談【相模原市編】
一戸建てに強い相模原の不動産会社リスト
相模原の住みやすさを徹底リサーチ
駅から探す相模原エリアの新築分譲住宅カタログ
住宅購入の前に知っておきたい基礎知識

サイトマップ

ページの最初へ