新築一戸建て購入に役立つ相模原市の不動産会社と住環境ガイド  » 住宅購入の前に知っておきたい基礎知識 » 不動産会社の選び方

不動産会社の選び方

このページでは、不動産会社の選び方として、取り扱う物件の種類による違いと、不動産会社とのやりとりなどを紹介します。

物件の種類に見るおすすめ不動産会社の選び方

おすすめ不動産会社の選び方のイメージ不動産会社から住宅購入する際、物件によって取引形態が違うことを知っておく必要があります。住宅の売買は売主から買主が購入するわけですが、不動産会社は物件によってその立場が以下の3種類に分かれているのです。

不動産会社が売主の物件

物件の事業主が不動産会社の場合、売主自体も不動産会社になります。こうした物件だと売主と買主が直接売買契約を結んで代金を支払うことになるため、いわゆる手数料がかからないのがメリットです。

不動産会社が販売代理する物件

文字通り、不動産会社は販売代理をする立場で、売主と買主の間に入って契約や代金のやりとりを行います。一般的に、買主と不動産会社は売買契約を結び、売主と不動産会社は代理契約を結ぶことになります。原則的に仲介手数料が発生します。

不動産会社が仲介する物件

仲介もしくは媒介物件の場合、売買契約や代金のやりとりは売主と買主が直接やりとりをしつつ、不動産会社とは媒介契約を結んで手数料を支払うことになります。物件を売り出す際、売主が不動産会社と交わす媒介契約には専属専任媒介専任媒介一般媒介の3種類があります。

こうした取引形態の種類は物件情報に掲載されているので、売主(事業主)、販売代理、仲介(媒介)のどれに該当するのかを見れば、その不動産会社の立場がわかります。

業者による新築一戸建て物件の販売形態

新築一戸建て物件を例にとると、大規模分譲の団地などはデベロッパーが売主(事業主)で販売代理会社が窓口となるケースが一般的。1棟もしくは数棟の場合だとハウスメーカーや工務店が売主で、販売代理や仲介を不動産会社に依頼します。

不動産会社では、自社で開発販売する物件と、自社で買い取って自社所有物件として販売する場合とがありますが、新築だと後者のケースはあまり多くはありません。

不動産会社選びという意味では、不動産会社の自社物件なら手数料がかからない分お得ともいえますが、住宅の事業主としての信頼性は別問題なので、取引形態にことさら固執する必要はありません。

相模原市の新築一戸建てを実際に見てきました

アーネストワン

アーネストワンの
建売を見学してみた

シンプルであまり好みの左右されないアーネストワンの建売住宅。4DKで3,000万円を切る価格設定が魅力で、設備なども必要十分な仕様になっています。新築一戸建てを見て回る際、スタンダードな家として一度はチェックしておきたい物件です。
アーネストワンはマンション開発で豊富な実績があり、そのノウハウを建売住宅にも活かして、年間千棟以上の住宅を供給しているパワービルダー。日本の標準的なファミリー層に求められる家づくりに定評があります。

日本物産

日本物産の
建売を見学してみた

日本物産の建売住宅シリーズ【オレゴン物語】は北米風デザイン住宅。デザイン、設備、性能などディテールも含めてワンランク上の建売住宅といえる物件です。輸入住宅や注文住宅を購入できるほどの予算はなくても、標準的な建売だと満足できない人にはぜひともおすすめしたいポイントが多々あります。
日本物産は相模原の地元密着型不動産会社で、40年近い歴史と自社施工物件の豊富な販売実績を持ち、アフターサポートも含めて長期間安心してお付き合いできます。

※このサイトは、個人で調査した内容をもとに構成しております。正確な情報を記載することを心がけておりますが、万が一誤りがあった場合は、ご了承ください。 また、各不動産会社の最新情報は、公式サイトでご確認ください

新築一戸建て見学体験談【相模原市編】
一戸建てに強い相模原の不動産会社リスト
相模原の住みやすさを徹底リサーチ
駅から探す相模原エリアの新築分譲住宅カタログ
住宅購入の前に知っておきたい基礎知識

サイトマップ

ページの最初へ