新築一戸建て購入に役立つ相模原市の不動産会社と住環境ガイド  » 相模原の住みやすさを徹底リサーチ » 子育て・学校

子育て・学校

このページでは、保育園・幼稚園や学校などを含めて相模原市の子育て環境について紹介します。

保育所データなど相模原市の子育てに関する概況

まずは住宅情報サイトに掲載されている、相模原市の保育施設に関連するデータを紹介します。

保育所数 延長保育実施
保育所数
認可保育所定員数
(就学前児童100人当たり)
保育料
(所得税30万円)
公立施設の
保育料
64 60 18.3人 31,900円 5,300円(一律)

相模原市は政令指定都市で面積が広いこともあり、保育所数も多く、認可保育所定員数でも神奈川県内では高い割合になっています。一方で、待機児童率は神奈川県平均が2.18%なのに対し5.59%となっていて、エリアによっては待機児童がかなり多い傾向も見られます。

行政の取り組みでは、保護者や乳幼児の交流の場として、子どもセンターなど市内27ヶ所で「ふれあい親子サロン」を開催しています。子育てファミリーサポートに登録すれば、近隣の人たちを紹介してくれるなどのサポートを受けることも可能です。

相模原市の小中高校関連情報

次に、相模原市の小中高校数は以下の通りです。

市立小学校数 私立小学校数 市立中学校数 私立中学校数 公立高校数 私立高校数
72 3 36 3 18 4

市の学校教育としては少人数指導・少人数学級特別支援学級などを推進しています。学習用のパソコンや学校間ネットワークの導入にも積極的で、タブレット端末の導入なども進んでいます。

県央エリアで見てみると、2009年創立で県内初となる公立中高一貫校、県立相模原中等教育学校は一期生から高い進学実績を出したことで話題となりました。東大4名、京大3名、早大43名などの結果を残していて、従来であれば厚木高校に入学していた生徒が相模原中等教育学校を選んだ影響ともいわれています。

これは郊外エリアに共通する傾向ですが、地元では中学・高校とも公立を目指す生徒がメインで、私立志望の生徒だと都内の有名私立に通学するという選択をするようです。

相模原市の新築一戸建てを実際に見てきました

アーネストワン

アーネストワンの
建売を見学してみた

シンプルであまり好みの左右されないアーネストワンの建売住宅。4DKで3,000万円を切る価格設定が魅力で、設備なども必要十分な仕様になっています。新築一戸建てを見て回る際、スタンダードな家として一度はチェックしておきたい物件です。
アーネストワンはマンション開発で豊富な実績があり、そのノウハウを建売住宅にも活かして、年間千棟以上の住宅を供給しているパワービルダー。日本の標準的なファミリー層に求められる家づくりに定評があります。

日本物産

日本物産の
建売を見学してみた

日本物産の建売住宅シリーズ【オレゴン物語】は北米風デザイン住宅。デザイン、設備、性能などディテールも含めてワンランク上の建売住宅といえる物件です。輸入住宅や注文住宅を購入できるほどの予算はなくても、標準的な建売だと満足できない人にはぜひともおすすめしたいポイントが多々あります。
日本物産は相模原の地元密着型不動産会社で、40年近い歴史と自社施工物件の豊富な販売実績を持ち、アフターサポートも含めて長期間安心してお付き合いできます。

※このサイトは、個人で調査した内容をもとに構成しております。正確な情報を記載することを心がけておりますが、万が一誤りがあった場合は、ご了承ください。 また、各不動産会社の最新情報は、公式サイトでご確認ください

新築一戸建て見学体験談【相模原市編】
一戸建てに強い相模原の不動産会社リスト
相模原の住みやすさを徹底リサーチ
駅から探す相模原エリアの新築分譲住宅カタログ
住宅購入の前に知っておきたい基礎知識

サイトマップ

ページの最初へ