新築一戸建て購入に役立つ相模原市の不動産会社と住環境ガイド  » 相模原の住みやすさを徹底リサーチ » 住環境

住環境

このページでは、自然環境や社会環境、治安など相模原市の住みやすさについて紹介します。

安心安全の指標は?相模原市の治安や社会環境など

相模原の治安や自然環境のイメージ相模原市は平成の大合併によってエリアが広範になっていることもあり、治安という意味では主要駅周辺や住宅地、山間部とではかなり違いがあります。市内で治安がいいといわれるのが相模大野。北里大学や相模女子大学などがあることで学生が多く、相模原南警察署相模原南消防署が近いことも安全に影響していると思われます。

一方、人口増加と街の発展に伴って賑やかになった主要駅周辺は夜間も人通りが多いので、閑静な住宅街を選ぶなら多少駅から距離をとる必要があります。

相模原市の自然環境の概要

相模原市は相模川や相模湖、そして丹沢まで含めて自然豊かな地域です。公園も大規模なものが多数あり、レジャーや自然との触れ合いという点ではかなり恵まれた環境といえます。自治体も頻繁に街歩きイベントなどを開催していて、生活圏のすぐそばに散策に適した自然があることを表しています。

都心部へのベッドタウン需要で人口も増え、総人口は70万人を超える規模になっていますが、同じ県内の横浜市に比べれば十分にのどかな街。山間部を別にすれば住宅エリアは概ね平坦で暮らしやすい立地といえます。

住環境としての相模原市に関するデータ

大手不動産情報サイトに掲載している住環境に関する調査データで、相模原市の特徴を表しているものを2点紹介しておきます。

「行政サービスがいい」という項目では平塚市に次いで相模原市は2位。これは公共施設の充実ぶりや政令指定都市としての安定感が評価につながっているようです。

「生活が便利でにぎやか」という項目では相模原市が堂々の1位。2位が横須賀市で3位が藤沢市となっています。こちらでは各種商業施設数が全国トップクラスで、県内なら群を抜いていることに起因しています。また、人口増加と再開発による地域の発展も好影響を及ぼしています。

相模原市の新築一戸建てを実際に見てきました

アーネストワン

アーネストワンの
建売を見学してみた

シンプルであまり好みの左右されないアーネストワンの建売住宅。4DKで3,000万円を切る価格設定が魅力で、設備なども必要十分な仕様になっています。新築一戸建てを見て回る際、スタンダードな家として一度はチェックしておきたい物件です。
アーネストワンはマンション開発で豊富な実績があり、そのノウハウを建売住宅にも活かして、年間千棟以上の住宅を供給しているパワービルダー。日本の標準的なファミリー層に求められる家づくりに定評があります。

日本物産

日本物産の
建売を見学してみた

日本物産の建売住宅シリーズ【オレゴン物語】は北米風デザイン住宅。デザイン、設備、性能などディテールも含めてワンランク上の建売住宅といえる物件です。輸入住宅や注文住宅を購入できるほどの予算はなくても、標準的な建売だと満足できない人にはぜひともおすすめしたいポイントが多々あります。
日本物産は相模原の地元密着型不動産会社で、40年近い歴史と自社施工物件の豊富な販売実績を持ち、アフターサポートも含めて長期間安心してお付き合いできます。

※このサイトは、個人で調査した内容をもとに構成しております。正確な情報を記載することを心がけておりますが、万が一誤りがあった場合は、ご了承ください。 また、各不動産会社の最新情報は、公式サイトでご確認ください

新築一戸建て見学体験談【相模原市編】
一戸建てに強い相模原の不動産会社リスト
相模原の住みやすさを徹底リサーチ
駅から探す相模原エリアの新築分譲住宅カタログ
住宅購入の前に知っておきたい基礎知識

サイトマップ

ページの最初へ