新築一戸建て購入に役立つ相模原市の不動産会社と住環境ガイド  » 新築一戸建て見学体験談【相模原市編】

新築一戸建て見学体験談【相模原市編】

このカテゴリーでは、当サイト管理者が相模原市の新築一戸建て物件を見学した際の体験談を紹介しています。

現地見学してわかった相模原市の新築一戸建て選び

当サイトの管理人は賃貸住宅に住む4人家族のサラリーマン。いよいよマイホームを手に入れよう!と思い立ち、近年発展が著しい相模原エリアを候補地に絞って、住環境や不動産会社などをリサーチした上で、実際に2つの建売住宅を見に行って見たというわけです。

予算は3,000万から3,500万円あたり、4LDKの新築が希望条件です。相模原市は面積が広いこともあり、手始めに中央区の物件を選んでみました。

最初に行ってみたのは、アーネストワンが施工販売する物件。3,000万円を切る価格設定で、予算よりも少し安い価格帯でしたが、これから何件も見学するつもりなので、この価格設定だとどんな家なのかという指標になると思って、真っ先に行ってみることにしました。実際に見た感想としては、建売住宅としては必要十分な仕様になっていて、白を基調としたカラーリングやシンプルでもセンスのよさが感じられるデザインなど好印象でした。

次に足を運んだのが、日本物産の【オレゴン物語】というシリーズの建売住宅。事前にネットで物件情報をチェックしていたので北米風住宅というのはわかっていましたが、現地で見てみると普通の建売住宅とはレベルが違うなと思いました。きちんと見学したことはないので、輸入住宅との比較はできませんが、日本の一般的な建売住宅と違うことは素人目でもわかります。周辺は同社が分譲開発していて、カラーリングやデザインなどもバリエーションがあり、同じ家が建ち並んでいるわけではありません。キッチンなどの水まわりから建具や装飾などの細部に至るまで、きちんと工夫されていることがわかる、とても魅力的な家だと思いました。

良質な家を割安に提供するアーネストワンの特徴

アーネストワンは全国展開するパワービルダー(比較的規模の小さい一戸建てを低価格で販売する不動産業者)。もともとはマンション開発での実績が豊富で、その生産体制やノウハウを住宅建築にも活かしている会社です。

建売住宅のもっとも大きな特徴は、工業化と分業化によって品質を維持しつつコストダウンを実現している点。建設資材はプレカット(現場で使用しやすいサイズや形にあらかじめ工場で加工すること)をして、建築現場では専門スタッフが担当作業をきちんと分業化することで、全体的にムダを省くことができるというわけです。こうした体制を運営できるのも全国規模のビルダーだからこそ。同じような材料や設備を使ったとしても、本社で一括購入して家を建てることができれば、1件あたりのコストは割安になります。もちろん、安いだけではなく、機能面でも独自開発の制震装置を採用するなど、大企業ならではのメリットがあります。

また、普通の建売住宅とは別に、規格注文住宅を提供しているのも同社の特徴。こちらは【クレイドルパレット】というブランド名で、規格といっても300種類以上の膨大なバリエーションがあり、自由設計にも対応していることから、かなり注文住宅に近い家が手に入ると思います。

  • アーネストワン 相模原営業所
  • 所在地/神奈川県相模原市中央区高根1-3-3 シャンゼリゼ高根
  • アクセス/JR横浜線 淵野辺駅 徒歩8分

相模原の自社施工物件で実績豊富な日本物産の特徴

一方の日本物産は、地元で40年近い歴史を持つ老舗不動産会社。単なる仲介会社というよりは、自社で設計・施工・販売をワンストップ対応できる会社です。これまでの自社物件の実績も1,500棟以上あり、地元では信頼を得ているので、家だけでなく土地探しから相談することができます。

日本物産の建売住宅で特筆すべき点は、北米風スタイルで人気の【オレゴン物語】というワンランク上を行く商品があること。注文住宅やデザイン住宅はちょっと手が出ないものの、よくある建売住宅では物足りないというニーズに応える質の高さとオリジナリティが魅力です。素材や仕上がりは素人が見ても違いがわかりますし、エコキュートやIHクッキングヒーターなどのエコ設備も採用するなど、おすすめポイントが次々挙げられるほど。

また、同社の設計コンセプトはママの生活を重視しています。対面式キッチンなどはいうまでもなく、リビング階段やスタディカウンターなど家族の接点が増える家づくりのアイディアが盛り込まれているのです。

文章だとなかなか伝わりにくいのですが、詳細ページではモデルハウスで撮影した写真も多数掲載しているので、デザインや素材、細部の工夫などをぜひともご覧ください。

  • 日本物産
  • 本社所在地/神奈川県相模原市中央区中央4-12-7
  • アクセス/JR横浜線 相模原駅 徒歩17分

相模原市の新築一戸建てを実際に見てきました

アーネストワン

アーネストワンの
建売を見学してみた

シンプルであまり好みの左右されないアーネストワンの建売住宅。4DKで3,000万円を切る価格設定が魅力で、設備なども必要十分な仕様になっています。新築一戸建てを見て回る際、スタンダードな家として一度はチェックしておきたい物件です。
アーネストワンはマンション開発で豊富な実績があり、そのノウハウを建売住宅にも活かして、年間千棟以上の住宅を供給しているパワービルダー。日本の標準的なファミリー層に求められる家づくりに定評があります。

日本物産

日本物産の
建売を見学してみた

日本物産の建売住宅シリーズ【オレゴン物語】は北米風デザイン住宅。デザイン、設備、性能などディテールも含めてワンランク上の建売住宅といえる物件です。輸入住宅や注文住宅を購入できるほどの予算はなくても、標準的な建売だと満足できない人にはぜひともおすすめしたいポイントが多々あります。
日本物産は相模原の地元密着型不動産会社で、40年近い歴史と自社施工物件の豊富な販売実績を持ち、アフターサポートも含めて長期間安心してお付き合いできます。

※このサイトは、個人で調査した内容をもとに構成しております。正確な情報を記載することを心がけておりますが、万が一誤りがあった場合は、ご了承ください。 また、各不動産会社の最新情報は、公式サイトでご確認ください

新築一戸建て見学体験談【相模原市編】
一戸建てに強い相模原の不動産会社リスト
相模原の住みやすさを徹底リサーチ
駅から探す相模原エリアの新築分譲住宅カタログ
住宅購入の前に知っておきたい基礎知識

サイトマップ

ページの最初へ